浦野 聡 浦野 聡 オートモーティブ カスタマーオフィス キャビンエクスペリエンス スタッフフィールドアプリケーションエンジニア

車載イーサネット・コネクティビティは、オートモーティブ設計の新しいゾーン・アーキテクチャを実現する鍵であり、パーソナル化、自律化、電動化といったオートモーティブの大きな流れを支えるものです。イーサネットは、多くの産業において基幹ネットワークのコネクティビティを確保するための一般的な技術となっており、オートモーティブの世界でも不可欠な技術となりつつあります。アナログ・デバイセズのE2B(イーサネットtoエッジ・バス)は、10BASE-T1Sイーサネット・コネクティビティを実装するためのソリューションです。エッジ・センサーやアクチュエータへのイーサネット接続に理想的であり、ハードウェアベースの10BASE-T1Sイーサネット・エッジ・ノードで、高度に最適化されながらも柔軟性を保持しています。

このウェビナーでは、E2Bの概要、特徴、および実装方法について説明します。E2Bを使用することで、エッジ・センサーやアクチュエータへのイーサネット接続を簡素化し、設計プロセスを簡略化することができます。また、E2Bは、より大きなイーサネット・アーキテクチャ全体にシームレスに適合し、他の10BASE-T1S準拠製品と同じバスで使用できます。

このウェビナーに参加することで、E2Bの概要を理解し、イーサネット接続の設計プロセスを簡素化する方法を学ぶことができます。ぜひご参加ください!

・車載ネットワーク
・車載イーサネット
・ネットワーク開発におけるコスト削減
・ゾーン・アーキテクチャ